jelly

ゼリー・ジュレ

私たちは開発から最終製品納品(いわゆる完パケ)まで一貫して承ることが可能です。私たちは「お客様のご希望をなるべく叶える」ことを第一に、出来る限りを尽くし、提案することを心掛けています。ゼリー・ジュレのOEMなら、私たちにお気軽にご相談ください。

ゼリー・ジュレ
背景
  1. HOME
  2. 健康食品OEM
  3. ゼリー・ジュレ

ゼリー・ジュレを作りたい方へこんな課題を解決します

企画段階のご相談

原料の指定

〇〇を使ったゼリー/ジュレを
作ってほしい…

味の指定

〇〇味のゼリー/ジュレを
作ってほしい…

含有量の指定

機能性成分●●が
〇g以上摂れるようにしてほしい

認証や条件の指定

インフォームドチョイス(※)
の認証に商品登録したい…

テーマの指定

コンセプトやターゲットに合わせて
一から企画、設計してほしい

調達に関する相談

作りたいけれど、資材や原料の
調達もお願いしたい…

スケジュールの指定

●月●日には
絶対商品を発売したい…

※インフームドチョイス/スポーツ(アンチドーピング製品認証)とは

インフォームドチョイスは、英国LGC社が運営する国際的なアンチ・ドーピング認証で、アスリートにとって重要な判断基準となる“禁止物質”が製品に含まれていないかを確認するプログラムです。認証製品は世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が定めるドーピング禁止規程に基づく禁止物質(www.wada-ama.org)を確認する分析試験を、LGC社によって受けたことを保証しています。

生産段階のご相談

量産

量産出来る工場を
探している…

調合

決まったレシピと製法で
製造して欲しい…

充填

●●gの
個食包装にしたい…

形状

1包の幅サイズを
●●㎜にしたい…

印字

個装に印字をしたい…

その他のご相談

納期

●月●日に
納品して欲しい

資材

フィルム資材にデザインを
入れて作りたい…

セットアップ、シュリンク、シール貼り等

製品仕上げも
してもらいたい…

梱包形態

ケース入数を●×●にして
納品して欲しい…

ゼリー、ジュレの設計のポイント

解説します

健康食品の市場においてはもちろん、嚥下食・病態食等の分野でも需要の多いゼリー・ジュレ。
実は、ご希望される商品設計と品質保持において、とても気を遣うデリケートな商材でもあります。

食感と風味

POINT

01

食感と風味

特にゼリー・ジュレの要となるのが、食感と風味です。これらは別々の官能項目ですが、実際は相互的に関係しているのです。やはり最終的なターゲットユーザーさんを思い浮かべて商品仕様をイメージする際に、“どんな食感が好きか”“どんなフレーバーが好まれるのか”等の趣向を掘り下げるのはとても重要です。

例えばほんの一例ですが、下記ご紹介します。
1.「女性を向けなので、食感をしっかり目にもっちりと割と香りも存分に感じるように」
2.「子供向けなので、食感をサクめとにかくジューシーさを感じるように」
3.「嚥下食なので、食感は嚥下できるようトロトロに甘味酸味は濃い目に」

このような食感風味の再現のため、私たち開発部門では日々研鑽を重ねています。取り扱うゲル化剤の種類もとても多く、試作開発の中で得た知見と掛け合わせで、オリジナルレシピの設計が可能です。

摂取量と配合

POINT

02

摂取量と配合

健康食品として欠かせないのが栄養や機能成分の配合かと思います。どれくらいの量を、1日もしくは1回に摂取してもらいたいかを基に商品設計と配合を構築します。時に、この必要摂取成分の影響が設計に及んでしまうケースもあります。特に、機能成分は強烈な味のするものも多いので、ゼリーが物凄い味になってしまったり…。また一方で、機能成分摂取量をなるべく上げたい!と思っても、水分がどんどんなくなりゲル化に影響が出たり…。このように、すんなりと希望通りにレシピ設計がうまくいかない場合も。そんなケースでも、「何を」「どうすれば」「どうできるか」を含めた最終製品設計の提案を私たちから差し上げますので、先ずはお気軽にご要望をお聞かせください。

経時変化

POINT

03

経時変化

全てのものにおいて絶対的について回るのが経時による変化です。ゼリー・ジュレも同様に風味・食感・色味・離水に影響が現れます。そのため、私たちでは加速試験を基に変化について考慮した設計とサンプルをご提案いたします。

実機ラインテスト

POINT

04

実機ラインテスト

前述にありますとおり、ゼリー・ジュレは特にデリケートな設計となることも間々あります。また、人がラボで疑似的に試作をしたものと、実機で製造した場合に大なり小なり差があることも事実です。そのため、より繊細かつ慎重さを要する設計品については、初回生産の前に実機ラインテスト製造をおすすめします。

私たちのゼリー、ジュレOEMの特徴

おかげさまで長年、様々なゼリー製品の製造に携わらせていただきました。設計に限らず、お客様の課題に寄り添ってこれからも多くのお力になれるよう、培った経験を基にご提案を続けて参ります。

生産力

スケジュール

一から設計を、という製品などはレシピ確定まである程度時間を要します。とは言え、商品には発売のタイミングが付き物。お客様のご希望期日に間に合うよう、進行スケジュールを出来るだけ調整いたしますのでご相談ください。また、「既存商品が売れていて、製造対応が追い付かなくて困っている」等のお急ぎ製造希望でお困りの場合などもお問い合わせいただければ幸いです。

量産可能な生産設備

私たちの工場では、量産のご依頼に対応できるような人員はもちろん、自動充填機を備え、スピーディーかつ高品質な製造を実現する充実した設備を有しています。「まとめて追加注文したい」といったご要望や、「他の工場で製造をしていたけれど、製造や充填が間に合わない」といったご相談にも柔軟に対応が可能です。工場や倉庫のキャパシティに不安を覚えることなく、安定的に生産できる体制をご提供しております。

インフォームドチョイス/スポーツ(アンチドーピング)<br>の製品認証取得に対応

商品開発力

インフォームドチョイス/スポーツ(アンチドーピング)
の製品認証取得に対応

アスリートはもちろん、一般の方の中にも広がりつつあるアンチドーピング。世界アンチドーピング防止機構(WADA)の禁止物質リストに記載された成分の検知が無く、アスリートの方々に安心して使用できることを保証する認証として、イギリスに本社を置く認証機関「LGC社(Laboratory of the Government Chemist)」によるインフォームドチョイス/スポーツ認証があります。私たちの工場では製造製品での認証取得実績があります。認証取得をご検討の方もご相談ください。

一気通貫で担う商品づくり

最終商品への仕上げ

私たちで製造したゼリーは個装のため、往々にして最終商品へのセットアップ工程が必要である事が多いです。セットアップ工程は、資材メーカーやセットアップ先を見つけ、希望の形状や材質などの説明をし、ロット御見積の交渉など、自分たちで進めなくてはならないことが山積みです。しかも、総合的な商品コンセプトやペルソナ、ターゲット属性などの部分について、商品開発をしていない側ではあまり想像が繋がらない場合もしばしば。となると、ほぼ同じ話をもう一度しなければならなくなり二度手間に。私たちで最終製品のセットアップまで一貫してご依頼いただく事が可能です。完パケ納品であればご依頼主様の手間を省く上でもお力になれることがあると思いますので、お気軽にご相談ください。

製品の形状やデザイン、納品梱包形態

1包当たりの内容量との兼ね合いで、製品の幅×長さ(ピッチ)が決まります。その際に「細長くしたい」「正方形がいい」「このサイズ指定で」などのご要望があればお伺いしております。
また、個装フィルム包材にオリジナルデザインのご希望も承ります。ご希望されるデザインデータをいただき作成が可能です。梱包形態についても、その後の使い勝手を鑑みた入数設定、例えば「150包ずつで区切りがついている状態にしてほしい」等、ご要望があればお伺いいたしますのでご相談ください。

食の安全・安心を第一に考える

品質

食の安全・安心を第一に考える

当たり前のことですが。食品製造を行う上で特に気をつけなければいけないのが、食の安全に関する取り組みです。私たちは健康食品GMP・FSSC2200各種認証工場として、お客様に安心をお届けします。自社内に検査設備を有しており、自社での検査体制を含め、お客様のお手元に確かな製品をお届けできるよう、製品品質において責任をもって取り組んでおります。おかげさまで不良、返品率が極めて少ないと評価していただいております。

品質方針・各種認証認定
食品安全・品質方針
株式会社鳴川は「調味料及び清涼飲用水・菓子・食用油脂・乳製品・密封包装食品・いわゆる健康食品」の製造にあたり法的要求・顧客要求を満たし、メーカーの責務である原料の仕入れから顧客の提供までの安全と信頼確保のため、食品安全マネジメントシステムFSSC22000を全社員が一丸となり構築し、安全でより良い品質の製品の継続的な提供を管理する。
(代表取締役社長 鳴川 毅)
工場認証
・JIHFS 健康食品GMP
・FSSC 22000(食品安全マネジメントシステム)
製品認証実績
・インフォームドチョイス/スポーツ

生産設備のご案内

富士山工場にて使用している生産設備と、充填方式に関するご案内です。

設備

調合機

  • クッキングミキサー 1500ℓ/4台
  • クッキングミキサー 1000ℓ/1台
  • クッキングミキサー 600ℓ/1台

※クッキングミキサーはいずれも乳化工程可能

加工機

  • マスコロイダー/1台

充填

  • 液体高速自動充填機/10台
  • 整列機/5台

ゼリー・ジュレのOEM事例

既存商品がすごく売れていて、助けてほしい。400万包出来るだけ早くほしい

量産

既存商品がすごく売れていて、助けてほしい。400万包出来るだけ早くほしい

「急遽出来るだけ早く400万包作りたい」というご要請をいただきました。
そのため、日頃1ラインで行っている製造を3ラインまで拡張し、製造予定と人員を調整しながら量産対応できる体制を整えました。結果、お客様は無事機会損失することなく需要に応えることができました。。

既存商品を同じようにつくれませんか?

既存製品

既存商品を同じようにつくれませんか?

まずは既存商品をいただいて、開発ラボで商品分析を行います。味、食感、風味、酸味、製品スペック、内容物外観などを確認し、その後ラボ試作を行い、同様の様相になるよう何度もレシピを組み直しながら再び試作、と繰り返します。これなら!というサンプル提示が出来るまでの間にも、進捗についてご依頼主様とコミュニケーションを取りつつ、方向性をお互い見定めていきます。またサンプルに対しても、再度微調整(甘味や風味や食感など)の試作をさらに繰り返し、最終的にご納得いただけるような処方を無事完成させました。

(原料メーカー様より)取引のあるお客様が自社ブランドで新製品にゼリーを作りたいので、委託先を探してます

原料指定

マッチング

(原料メーカー様より)取引のあるお客様が自社ブランドで新製品にゼリーを作りたいので、委託先を探してます

このケースは原料メーカー様のご希望として、自社原料を使って製造した製品を御取引先ブランドオーナー様にお渡しする案件でした。新商品でしたので、要となる原料の1食あたりの配合だけが絶対事項で、それ以外は自由選択での開発スタートです。決まっているのはターゲットペルソナ「女性向け、40代~60代」。魅力的な商品と思ってもらえるような、機能成分や風味傾向などご提案とすり合わせを繰り返し、無事商品誕生に至っています。おかげさまで定期的なリピートをいただく商品として今もご好評いただいております。

ゼリー、ジュレOEMの流れ

お問い合わせから仕様確定まで

STEP 01

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせ・ご相談

お客様よりゼリー、ジュレの開発、製造に関するお問い合わせをいただきます。原料メーカー様からのご相談も承っております。

STEP 02

ヒアリング

ヒアリング

お客様のご要望に寄り添いながら、使用する原料、含める栄養素、味、ターゲットや訴求ポイントをお伺いします。

STEP 03

製品設計・開発

製品設計・開発

いただいたご要望や商品イメージを基に、試作と設計を行っていきます。

STEP 04

サンプルの提出

サンプルの提出

お客様に試作品を提示して、ご納得のものが出来るまで相談を行いながらstep3~4を繰り返し行います。

STEP 05

製品仕様の決定

製品仕様の決定

最終的な製品の仕様を決定いたします。

ご発注から納品まで

STEP 06

見積り

見積り

製品仕様が確定後、見積をご案内いたします。

STEP 07

ご発注

ご発注

お見積もり内容にご納得いただけましたら、ご発注をお待ちしております。

STEP 08

製造

製造

ご発注内容に合わせて製造を行います。

STEP 09

品質検査

品質検査

自社で、品質検査を行います。品質に問題がなければ出荷判定となります。

STEP 10

納品

納品

所定の場所に納品いたします。

ゼリー・ジュレOEMに関してよくあるご質問

お客様からよく問い合わせいただく内容をまとめました。

原料を指定して、ゼリーの商品開発ができますか?

可能です。使用原料の具体的指名はもちろん、栄養機能等のご希望からのご相談も可能です。

〇〇味のゼリー・ジュレを作りたいのですが…?

可能です。具体的にベンチマークとなる商品があればそちらのご指定ください。例えば「リンゴ風味、酸味強め」等の大まかなイメージでも構いません。

乳化のゼリーを作りたいのですが…?

可能です。例えばイチゴミルクやヨーグルトなどのフレーバーもご検討案としてお考えいただけます。

開発途中のレシピがあるのですが、課題が山積みなので相談できませんか?

是非ご相談ください。その際の状況や背景をお聞きしながら、どうしたら出来るかを含めお困りごとを解決できるよう誠心誠意開発に取り組ませていただきます。

レシピはあるのですが、既存の工場では量産できないため困っています…

いつから開始か、数量、ペースなどの計画状況をお知らせください。お力になれるよう尽力いたします。

自社検査は何が出来ますか?

一般生菌(標準寒天培地法)、大腸菌群、硬度、官能などです。

支給原料をブレンド・充填してもらうことはできますか?

もちろん、可能です。支給いただく各原料の品質・規格等については、予めお知らせください。